前回のインテリアコンサルはこちら。部屋の様子をチェックしてから、買う家具を決めたところまででした。それから家具も揃い、ちょうど知人ピアニストのピアノリサイタルも同じ駅でありましたので、ほかのクライアントさんも一緒に3人でピアノ+プロヴァンスツアーとなりました!

 お宅訪問ということで、何か手土産を…と思って思いついたのが、
ー尊櫃貌酳で撮影してきた写真を額にいれていこう。+替え用に3枚の写真
▲リジナルアロマスプレーを調合。
ビニール花瓶。です。

 ピアノリサイタルが終わり、駅までの商店街を歩いていると、お花屋、焼き鳥屋、餃子屋、スーパーと、いろいろありましたので、プロヴァンスの部屋でみんなで乾杯するために、ビール+お惣菜を購入していきました!

image

 家主の家はここからすぐ。閑静な住宅街。このアイビーの感じといい雨といい、Paris郊外のようです!

 間取りは1DKということで、東京ひとり暮らし基本サイズです。玄関入ると、一挙に3人とか来たのは初めてのようで、とりあえず購入されていたという、よくできた簡易用スリッパがでてきて、「ファーストクラスか?!」とツッコミました。(笑) この先が少し不安になりましたが、このようになっていました!

2017-10-15-16-49-10

 早速、購入したお花とビニール花瓶を使ってテーブルに飾り撮影したものです。みんなからもテーブルが、椅子が、ライトがかわいい!と好評でした。みんなお腹が空いてましたので、まずは食事となりました。

 そして、「コーヒー飲みますか?」というところで、トラブル発生。
「この豆を測るスケールがないのですが、どうしましょう?!(汗)」と。毎日コーヒー豆を挽いている私にとっては簡単なこと。「このスプーンに少しだけ山になるように入れれば、12グラムくらいで、ちょうどコーヒー1杯分。だから、4杯入れればちょうどですよ」と。

 このあたりから家主Mさん、どんどんみんなのツッコミにあいはじめました。外からの3人が、なんかしっくり来ていない片付け、インテリアをいじり始めたのです。Mさんは、わからないからむしろ大歓迎で、感心しきりでした。(笑)

 遮光カーテンのおさまりについて、コーヒーマシーンの置いてある机の上、4つの木箱の位置、植物の位置、時計の位置、絵画道具の収納、ウクレレの位置、鏡の位置…などなど、クライアントさん以外の3人でどんどんレイアウトを変え始めたのです。夢中で。

 部屋のエネルギーの流れの不調和を感じる人は分かると思うのですが、ただものが置いてあるのと、ものがそこに存在感を放ち置いてあるのと、全然部屋のエネルギーの流れが違う感じがします。モノも居場所をつくってあげることで、本当に生き生きしてくるのです。そこに住んでいる人も、そこに来た人も、なんとなくわかるはず。知人のピアニストの音をBGMにしながら、どんどんテコ入れです。

★Afterはこちら!

2017-10-15-19-07-27

image

2017-10-15-20-32-31

2017-10-15-20-34-35

2017-10-15-20-32-22

image


 クライアントさんあまりにも驚いて、ベッドに突っ伏してしまいました。(笑) 観葉植物が部屋の隅の方に存在感なく置かれていたのですが、それをベッドのあたりに木箱を配置して、ベッドサイドテーブルを作りその上に配置しました。

 思えば、「背の低い観葉植物は、台をつくって置いてあげたほうが生き生き見えるので、まずこの植物をどうにかしたい」という思いから配置換えがはじまったのです。植物を買うと、植物の名前の書いてある札が土に差してありますが、Mさんはそれも挿したままでした。抜いてあげるだけでもすっきりしますよね。それを写真に撮っておけば植物の名前もあとで確かめられますからね。
 最後の最後にクライアントさんが、その植物の名前をそういえば・・・という感じで、見直していると、涙を流して爆笑しているではないですか…。

image

「この植物、マキ科、マキ属って、えー!!!!!」
クライアントさん名前は、「マキ」だったのです。(笑)
「It's a sign! 」

 知らないで買ったんですね。しかも神社などでは神木として扱われているという「ナギ」。私も植物から声をかけられたのでしょうか。(笑)ここから、すべてが始まりましたからね。
 神木をベッド上部、つまり頭のすぐ上に置いたところが、自分でも直感が正しかったんだなと確認となりました。
 部屋のエネルギーアップで、クライアントさんの引き寄せるものが変わらなくちゃおかしいと思いますので、これからがとても楽しみになりました。(笑)楽しませていただきました! 家主Mさん、助手(笑)Kさん、Sさんもありがとうございました。