「転職が決まったけれど、迷いが出てしまっている」と、リピーターのクライアントさんから久しぶりにメールが来ました。

 迷いが生じたのは、辞職を告げたときに「実は半年後に昇進するのでもう少しやってみないか?」と上司に言われたそうです。クライアントさんは、そこがどうしようもなくて、転職を考えていたというのに。

p
 
 「決意しているのに、引き留めにあう」というのは、もっと根本的なところに何かあるのでしょう。迷わない人というのは、辞職を告げるとき、自信がどこかあります。なので、上司もエールを送らざるを得ない状態に伝染してしまえるのです。ネガティブを受けるなんて言いますが、ポジティブも伝染するものなのです。

 クライアントさんが引き留められたのは、なるべくしてなっている。ある意味、引き留められることで自分の内側にある潜在意識の×が「ほら、やっぱりだめだ」と証明したがっているのです。ネガティブもそうやって叶うのです。こんなときは、物事の見方を変えることが必要です。

 クライアントさんは「自分はやっていると思えているのに、評価されていない」と感じることを繰り返していました。この問題はどうやったらLet it go できるのでしょうか?

 私は返信メールにこう書きました。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 評価されないと感じることが続いているようですね。自分が評価されることにフォーカスしていると、評価されないなと感じてしまうことが多いと思います。しかし、こちらが社長や上司を評価してもいわけです。
 そう考えると今の上司はどうでしょうか? 自分の能力が伸びる上司の元で働けていますか? なかなか部下をUPさせることができない上司ですから、余り使えない人なのかもしれませんね。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 自分が攻撃にあうことにフォーカスしているから、この問題は繰り返すのです。こっちだって、上司を評価すればいいのです。そうすれば、「自分の能力が生かせる環境とはなにか?」という質問が自然とでてくるでしょう。それが、「可能性にフォーカスする」ということです。私は、転職するときに「社長」で決めました。自分の能力が伸びる上司、そうでない上司を、色々と体験してきてわかっていたからです。可能性にフォーカスできる人は自分を知っているのです。

  今朝、クライアントさんからメールが来て、迷いが断ち切れたようです。


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

UPDATE Highlights Remix! 遂にリリース!
 知人のスピリチュアルカウンセラーも唸らせた、UPDATEシリーズ。なるべくしてなっている法則を私のエピソードと共に3時間37分言語化しました。REMIXとして、各地で一番長く話してしまった部分を繋げて最高の状態に仕上げました!
 
【内容より】
 あなたの今は、いつの過去の時点で考えた未来ですか? 私は、31歳の時にライフコーとして独立しました。子供時代に、「ライフコーチ」なんて職業は知る由もありせんでした。実際、30歳になってはじめて知ったくらいです。でも実は、22歳の時に観た映画で、その存在をキャッチしていたのです! このセミナーを作るにあたって気づき驚きました。私は、なりたい自分の未来をその映画を観たときに、決めていたということです。その体験が、未来の種を自然と潜在意識に植えていたのでしょう。流れに身を任せていたら、その職業についていたのです! あなたは、未来の種を、植えている自覚はあるでしょうか? また、どうしたら未来の種は植えることができるのでしょうか?


IMG_1309 
 


■そのほかのSEMINAR

  • 【東京】2017.10.21『Blogger Meets YouTuber』堀口ひとみ&Doing English with Julian

  • 【東京アンコール】2017.9.23 『This is a sign EVENT』(ライフコーチ&スピリチャルカウンセラー)

  • 【大阪】2017.10.1 『This is a sign EVENT』(ライフコーチとスピリチャルカウンセラーとのコラボ)

  • 2017下半期EVENTのご案内は、すべてこちらのページにまとめております。