3.11 UPDATE Highlightsに参加してくださった、リピーターのクライアントさんの30分セッションがありました。長きにわたりリピーターの方ですが、今回のインパクトがすごすぎたようで、まだあれから5日しか経っていないのに、ものすごい変化を感じられたそうです。

 「今まで何を学んだとしても続かない理由が分かった」とクライアントさん。一番気づいてしまったことは、「雑念まみれだった」ということのようでした。粗大ごみ申し込んで、大掃除になっているようです。「これじゃ、行動したくてもできないよな。続かないよな」と納得の境地でした。

 私も、今回UPDATEまえの「ゼロ」のことを話したのは初めてでした。「なぜ、それを話そうと思わなかったのですか? 当たり前すぎだからですか?」とクライアントさんに聞かれました。

 当たり前というよりも、世の中的には「どうやればいいのか?」を知りたい人が多いから、そこに答えようと内容を創ることが当たり前になっていたのでしょう。しかし今回、Highlightsを作るにあたって、「私が伝えたことを違った意味で受け取られたことはないか?」という、NGシーンについて考えていたときに、「自己基盤」の話がそもそも必要だ、ということに気づいたのです。そこを知らずして、ノウハウを知ったとしても続かないし、本末転倒になるのです。

 どこに行っても結果が出る人は、「自己基盤」がそもそも整っているからです。しかし、「どうやればいいの?」を知りたいと思っているひとは、「自己基盤ってどうすればいいのですか?」という質問は、当然思いつきもしないでしょう。

 私が「自己基盤」の話をしたあと、「私のマイルールを全部やればいいだけです」ということに今回なってしまいました。それでクライアントさんは、私のマイルール表を毎日持参しながら、できることをしているとのこと。EVENTからたった5日しか経っていないのに、臨時収入が入った他、色々起きていました。

l

 今年から始めたピラティスのクラスで「初めて筋肉痛になった!」という変化があったそうです。翌日、階段の上り下りができないほどで、職場の皆に「どうしたの?」と外からでもわかるくらいだったとか。人生で初めてのピラティスで筋肉痛にならなかったのに、1ヶ月後のレッスンで初めて筋肉痛になったから、本当に驚いていらっしゃいました。先生の言うことの受け取り方、意識の持っていき方の変化だと思います。

 そのほか、会社を辞めることが決まっているのに、普段でもありえないトレーナーの仕事を任されたり、昔の同僚から相談に乗ってほしいと連絡があったりしたそうです。毎日集中しなくてはならないことが自然とできて、日々の充実度が変わったとおっしゃっていました。

 そういえば、「次の職場でトレーナーの仕事をやりたい」と、2週間前にクライアントさんおっしゃっていたのを思い出しました。つまり「シンクロニシティ」が起きたということです。シンクロが起きたら、目の前のことをしっかりやればいいだけです。確実によい未来へ続くでしょう。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

★ご感想もいただきました。

 特典セッションありがとうございました! 雑念の衝撃はいまだ冷めやまず。(笑) ピラティスの筋肉痛がこんな驚きの事実だったのか!!!とセッションで話してびっくりでした。(笑)

 そしてついにシンクロニシティデビュー!!! これか〜!!!と感動です(笑)

 基盤をしっかり整える事で、自然に流れに乗っていけるのだとまさに体験中です。ようやくイメージが掴めてきました。ただ、やるだけですね。やります。やるだけです。
 またご報告させていただきます☆いつもありがとうございます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

 UPDATE Highlightsの威力がすごすぎて、私もどう扱っていいか悩んでいますが、まあ、何かしらシンクロニシティがおきるでしょう。