昨日のメルマガの感想とご質問をいただきました。ご質問のおかげで私もまた整理できました。いつもご愛読ありがとうございます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

Q.
(詳細はカットしています)
 こんにちは。はじめまして。読むサプリ・ブログをいつも読ませてもらっていて、いつか感想を送りたいと思っていました。

 9月の質問の中に、「1..未来への種まきは済んでいますか?」というのがありました。でも10問目までいくうちにだんだん違和感がでてきて、私の答えは、種まきっていうより収穫の方じゃないかという気がしてきました。
 そう思うと、私は未来へ 種まきってしてない。そもそもなんの種を播けばいいかまったくピンと来なくて途方にくれたのがとても印象に残っていたのですが、今日のメルマガですっきりしました。

 やらなきゃいけないことに追われているうちに私の土地はすっかり痩せちゃってたんだと。メッセージを受け取る隙もないというのも本当にそうだと思いました。
 私の秋は、〇〇の勉強の秋になりそうです。試行錯誤ばかりだと思います。

 未来のイメージは、今日の夜のことや明日のことなど近いものからでもいいのでしょうか。今はあまり先のイメージは持てないでいますが、ちょっとずつ自分の土地に栄養を与えられるようにしたいです。そして新しい種が湧いてくるのを楽しみにしたいと思います。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


 よく、「未来をイメージすること」という言葉を、人生を真剣に考え始めたとき、目にするようになると思いますが、どうやってイメージするんだろう? と先日のクライアントさんにもご質問いただいたばかりです。

こちらの記事

 基本的にコーチングセッションの時間は、毎回「未来をイメージ」する時間です。私のやり方は、先の未来を漠然とイメージすることと、手前の小さなことができたら、次にどんなことができそうか? と双方向からイメージするように、対話の中で自然と導いています。導く人がいれば描けるのです。

 しかし、多くのひとは「未来のイメージ」だけしようと、必死に頑張っている気がします。未来のことは誰もわかりませんし、しかも「今の自分の感じ」から描こうとすると、「できないんじゃないか」と普通に感じてしまうので、描けないのです。

p

 例えば、漠然と「海外で仕事をしたい!」と思って、自分がどこの場所にいるのか? 何をしているのか? など、描こうと思ってもちょっと難しいとき、きっと1歩目の行動が見えていないときかもしれません。

「英語の勉強をしなくちゃ…」とずっと思っているのに、ちょっとやっては辞めて、ちょっとやっては辞めて…を繰り返していたら、ちゃんと勉強した先の未来は、ずっと描けないと思います。
 「辞めちゃう自分」ですから、自分のことも信じることもできないでしょう。しかし、本気モードの自分だったら、「できるかもしれない!」と自分を信じられるから描けるのです。
 
 つまり、「しっかりやろう!」と決意したときのみ、「これを勉強したら、こうもなれる可能性もあるし、ああなる可能性もあるし…」とドンドン描いていけるのです。本気も頭で考えるものではなく、周りに本気の手本がいれば、「ああ、本気ってこんな感じか!」と感化されて、本気な人の仲間入りができるものです。

 イメージするときは、「…をすれば、…ができるから」みたいな頭でつくる理由づけではなく、単に「そうなったら楽しい!」という気分になったときのみ描けます。未来のイメージは、潜在意識の中にあるので、リラックスしているときに見えてきます。頭で考えたり、箇条書きにしては、映像が浮かばないでしょう。私は人をすぐリラックスさせることが得意な方だと思いますので、だんだんと話していくうちに、クライアントさんもリラックスされて、セッションの時間は映像が浮かびやすくなっていくのです。

 ご質問のなかに、「未来のイメージは、今日の夜のことや明日のことなど近いものからでもいいのでしょうか」とありますが、そのご質問そのものが、「未来」を意識し始めたものに、もう変化し始めている証ですね。是非、頭の中にビジュアルで近い未来を描いてみてください。そのイメージから続けて、また先へと絵を足していけばいいですね。そして、実際に行動に移してみると、もっとはっきりしてくるでしょう。

 つまり、漠然とでも未来をまずは描く。それから近いことを描いてみる。双方向からやることで、その未来と、近い今の繋がりが生まれ、急に道がはっきりとしてくるのを感じられるでしょう。


今月の質問はここから。
メルマガ読者限定で、毎月最初のメルマガにて質問をお届けしております。9月の質問は、「未来が豊作になる質問」でした。以下ページより受け取ることができます! 10月になると質問が変わってしまうので、今のうちにどうぞ。
image