lgi01a201401090400



9.29開催「話し上手は、聴き上手」にまつわる
エピソードをシェアさせていただきます。


9.29 「話し上手は、聴き上手」詳細はこちらです


*・゜゜・*:.。..。.:*・゜


こんなとき、どう言ってあげたらいいのだろう?
と、ふと悩んでしまうときがあります。


■その


姪(4歳頃)が泣いているときがありました。
「それくらいのことで泣くな」と
大人の声がしてきました。


私は、なんて言ってあげたらいいのだろうか? と
少し考えてから、こう質問しました。


「どうしたら、涙が止まる?」と。
すると姪っ子は「だって、ゆめちゃんのこと、
見てくれていないんだもん」と、
涙の理由を涙ながらに口にしました。


私はこうしました。
「ジロジロ」と言いながら、双眼鏡のポーズをしてみせました。
すると、姪っ子はニッコリして、涙が止まりました。


この話をすると、「私だったら、なんで泣いているの?
って聞くと思います」とおっしゃる方もいらっしゃいました。


,修譴らいのことで泣くな。
△覆鵑乃磴い討い襪痢


,枠歡蠅任后
△眈しだけ否定のニュアンスが
あるように感じる場合もあります。


「どうしたら涙が止まる?」は、
否定のニュアンスがなくて、ポジティブ過ぎず、
前向きな言葉の雰囲気があります。


結果、姪は泣いている理由も言葉にでき、
笑顔に戻ったのでした。



■その

「聴き上手になるには、質問が大事」ということで、
ネットや本で質問について調べてみたとします。

「どんな質問をすればいいか?」は見つかったとしても、
「どんな質問の仕方をするか?」という感覚的なことは、
書いていないものなのです。



例えば、「どうしたらいいかわからない」
からセッションを受けている人に、未来の質問をしようと、
「どうしたらいいですか?」と質問するのはナンセンスです。


私は、「これまで、どんなことを試してきましたか?」
ということから質問してみます。


そこには、「すでにいろいろやられているんだろうな」
という、相手を承認するニュアンスが入っているのです。
そう感じれば、相手は「話してみよう」と思うのです。


*・゜゜・*:.。..。.:*・゜


いかがですか?
少し考えて、自分から出る言葉を変えるだけで、
人生が好転したり、自分が優しくなれる気がしませんか?


あとから言葉を訂正して返せることもありますが、
それはちょっと気まずいこともありますし、
ほとんどの場合、その場かぎりです。


日頃から言葉に気を付けていないと、
なかなかすぐに出てこないものです。


私は言葉に気を付け始めたころ、チャンネルが
どこにあるのかよくわかりませんでしたが、
最近は、すぐにH屬でてくるようになりました。


9.29クエズリーイベント「話し上手は、聴き上手」で、
H屬鬚伝えしたいと思っています。(笑)



聴く練習やトレーニングをする機会は、
人生の中で殆どありません。


だからこそ、たった2時間であなたの
聴き方や話す言葉が劇的変化すると思います!



9.29 「話し上手は、聴き上手」詳細はこちらです




*・゜゜・*:.。..。.:*・゜

メルマガは
こちらからお読みいただけます。