毎年、この時期は、クライアントさんと一緒になって『ひとみずむ』を制作しています。
『ひとみずむ』とは、クライアントさんがコーチングで変化した軌跡のエッセイ集として、2009年から作ってきました。今までは、クライアントさんの変化の軌跡にフォーカスを当ててきたのですが、今年は違うものを作ろうと、構成を色々練っている最中です。

 以前、出版社の方に構成アドバイスを頂いたとき、「クライアントさんに小見出しを先に提示して書いてもらう」とおっしゃっていましたが、今までの『ひとみずむ1〜4』では、「そうは言っても難しいですよね」と返答が続き、実行に移せないでいました。しかし、今回は遂にその形で作れそうです。ここまで来るのに、4年掛ってしまいました。本質をずっと模索していたからでしょう。だから、小見出しがつけられなかったのだと思います。

 そこで、書く前にテーマを明確にする必要があるので、執筆するクライアントさんからこんなメールを頂きました。私も考えるきっかけとなりました。

□■□■□■□■□

疑問 崟飢髻廚鮹里辰討い討癲動けないのはどうしてでしょうか?

私の家にはいわゆる「良書」がたくさんありました。
ビジネス本から、偉い人がかいた格言の本、心理学の本、ニーチェの教えの本、
世界のあらゆる法則の本も。

でも、たくさん読んでも、コーチングほど自分の行動までつながるものはありませんでした。
本を読んでも、頭で「なるほど、そうそう」と思うだけで
2日間ぐらいはわかったつもりでいい気分になって終わりでした。
または、落ち込んでしまうか。

良書であっても、自分の体の一部になるような感覚にはならなかったのです。
つまりは、行動に何一つ移せていなかったのです。
または、行動に移しても、すぐにやめてしまうことばかりでした。
読む本が行動レベルの本じゃなかったのでしょうか?

きっと、教科書に書いているような「正解」は知っているはずなのに。
動けるようになるには、何が不足しているのでしょうか?

心の声を聴いていないから?
自分への癒しがないから?
心の声を聴くための質問がないから?
心のスペースがないから?
自分への許しが不足しているから?
自分に必要な理論が足りないから?

私は上に書いたようなことを解決することで、徐々に動けるようになりました。
(動ける イコール 実際に行動して変化を感じる という感触です。)

質問もあまり整理できていませんが・・・。
分かる範囲での回答を宜しくお願いします。

□■□■□■□■□

ということで、私は、3行の返信をしたら、
「そうかも」とお返事いただきました。
それが、クライアントさんの書くテーマになりました。

「疑問」考えてみてください!



 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

「正解」を知っていても、動けないのはどうしてでしょうか?



┏━┓
┃☆┃SEMINAR
┗━╋...──────────────────────────────
2013年1月19日(土) 冬コミコレクション 
テーマ「バランス」 講師:堀口ひとみ/播磨弘晃
コミュニケーションにおいての相手と自分との「バランス」について考えていきます。

2013年1月26日(土)「聴くことは幸せにつながる」セミナー講師:堀口ひとみ
7年間の「聴く仕事」を通して学んだ「傾聴」のあり方を学べる講座です。

2013年2月17日(日)第1回 コミラボ
講師:堀口ひとみ/播磨弘晃
コーチングを専門としているふたりによる傾聴のエッセンスやメソッドが学べる講座です。

2013年3月23日(土)春コミコレクション
テーマ「思考を芽吹かせる」講師:堀口ひとみ/播磨弘晃
仮説、着想、ひらめきなど、自分自身の見つける力を磨いていきます。