今日、母と箱根の方へ日帰りで行ってきました。

行きの新宿発箱根行きのバスで、いろいろと話しているとき、

母が、私の聞き方について、感想をくれました。

「あなた、話聞くのうまくなったわね。絶妙に承認をいれてくるわ。
 全部の会話をフォローしてくるもんね。店長だったときは、
 自分の話はするけど、それで精一杯のようで、
 こちらから、話しにくかったものね。話しても、すぐ話が終わるし」と。


そうなんです。

子供のころは、あまり話さないし、質問しても反応が薄かったようで、

私が、何を考えているのか?分からなくて、母も困ったとか。

また、大人になってからは、相手の話に対して、質問もできないし、

「そうですか」で話が終わるタイプだったのです。


しかし今、話したり、聞いたりすることが仕事になっているとは、

自分でもびっくりしています。


そんな、母からのフィードバックで、

「話を潤滑にさせるための相槌」とか、

一度まとめてみたいな、と思いました。


そうしたら、先ほど、クライアントさんと、

相槌について話す機会がありました。


上司の考え方を、受け入れようとすると、

自分がそういう風にできないから、落ち込みやすくなるとのことで、

悩んでいらっしゃいました。

そこで、どんなふうに、話を聞いているか?分解していきました。


自分が話を聞いているときの、相槌や質問はどうしているか?

聞いているときに、わかったことがありました。


基本的には、どの話も共感しよう(相手ごとを自分ごとに置き換える)

と思って聞いているようです。


自分と考え方が似ている人は、共感しやすいので、

「わかる、わかる」と承認を入れたりして、

相手と会話もしやすいようなのですが、

自分と違う考えを持っている人の話を聞くときは、

「え?そう考えなくちゃいけないの?」と、思いながら

「そうなんですねー」と言っているそうでした。


考え方が違うのは当然ですから、「そういう考え方もあるんだ」と、

一度止まって考えを吟味してみればいいのですが、

「え?そうなの?自分もそう考えなくちゃいけないの?」となっている

状態でする相槌は、「そうなんですねー」となり、

低めのトーンになっていると、ご自身で分析されていました。



「そうなんですねー」と「そうですね」を

私がクライアントさんに直接言ってみて、

どう感じたか?、感想をお聞きしました。


すると、「『そうなんですねー』だと、冷たく、突き放された感じがします」

とおっしゃっていました。


相手(上司)にとっても、「もっと言わないと伝わらないだろう」となって、

もっと厳しい発言を引き出しているのかもしれないと、言っていました。


「そうなんですねー」と「そうですねー」も若干違いますし、

「そうなんですねー」が「なるほどね」に変わると、

さらに感じ方がかわり、相手の方も、聞いてもらえている感じがして、

いろいろと話をしてくれるようにもなります。


2年前くらいに、NHKの「ようこそ先輩課外授業」に、

ロンブーの敦さんが、出演されていて、

小学生に「相手から話を引き出す秘訣」を教えていました。


「魔法の言葉があります」と言いながら、黒板に書いたフレーズが

「へぇ、はいはいはいはい、なるほどね〜」でした。

子供たちが、真似して一斉に「へぇ、はいはいはいはい、なるほどね〜」と

教室に響く声で発したとき、TVを観ながら、私も微笑ましくなりました。


基本的に「相手と自分は違うのはOK」となれば、

相槌は「なるほどね」で行けそうですね。



ここで、少し話を発展させます。

自分の話しかできなかった私の場合の「聞く」の変遷は、

「相手を理解する」の変遷であったとも言えます。

最初は、

 崛蠎蠅伴分が違うことは受け入れがたい」でした。

◆崛蠎蠅伴分は違う」ことを理解できた。

「相手の違いを活かして、自分が苦手なことがあるときに、お願いしてみよう」

ぁ崛蠎蠅琉磴い髻∋笋盧陵僂靴討澆茲Α

となっていきました。


いできてくると、自分の可能性が広がったり、

自分が楽しめることが増えてきて、柔軟性が持てるから、楽にもなってきました。

コーチングは、本当に勉強してよかったと思います。



今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

どんな相槌を日ごろしていますか?