人間関係で悩まないようにとわりきって考えて、

それ以上口出ししないという方も多いのではないかと

ここ数日のセッションをしていて思いました。


たとえば、

「この人達、頭が悪いからいいや」
「別に親しくする必要はないし」

そのように、割り切っていると話を聞きました。


でも、そうやって割り切って付き合っていたとしも、

「怒り」が溜まっていくばかりでしょう。

胃が痛くなる方もいらっしゃいました。


胃が痛いのは「意に反する」から。

と知り合いに教えてもらいましたが、

なるほど、と思いました。



この場合、どこに意が反しているかと深めていくと、

「自分の気持ちに反している」ことが分かってきました。



本当は怒っているんだけど、
それを押し殺して付き合っている。



本当は怒っているんだけど、
怒りを鎮めて業務に立ち向かわなくてはいけない。
職場の人には誰にも相談できない状況。



怒っている、やり場のない気持ちを

自分自身がまずは、感じていいんだと思います。

直接相手にぶつけるのではなく、

第三者ならば、冷静に聞けるから話していいと思います。



以前セッションをしていた男性クライアントの方から

SOSメールが久々に来ました。

1カ月間、誰にも相談できずに怒りが溜まって、

限界になり私にメールを書いたそうです。


私が、「自分の領域でできること」に焦点を当てた

質問と視点を投げかけたら、彼なりに考えて解決策が見つかったそうです。


ちなみに以下つに答えていただきました。

〜蠎蠅自分に悪意を持っていると思うのならば、
 自分も相手に悪意を持っている状態です。

△修旅佑┐なかったら淡々と仕事はこなせるのですか?

N篝鼎砲笋蠅燭い隼廚辰討い襪里覆蕕弌△笋辰燭蕕いい隼廚い泙后
 無駄なことは一つもないですね。


その答えに、また私から返事をしました。

言葉が穏やかになっていきました。


おそらく、「自分は怒っている」とアウトプットした時点で、

解決に向かい始めていたんだと思います。


翌日、彼からメールが来ました。

今回の教訓を言葉にしたみたいで。


「真剣だと知恵が出る
 中途半端だと愚痴が出る
 いい加減だと言い訳ばかり」


いいと思いました!



ネガティブな感情を出すことは、悪いことではありません。

逆に、そう思っているんだ、と感じないと「意に反する」のではないでしょうか。

胃が痛くなります。


そうやって自分の気持ちと付き合っていけば、

自分のことが大切にできて、次第に「怒り」という感情も

あまり出てこなくなるのではないかと思っています。


 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

今、どんな気持ちを感じていますか?