今日は、お茶の間の悩みです。

「いつも言いくるめられる旦那に勝つ(笑)には?」

について考えてみます。


Kさんのお悩みは・・・

「旦那の喫煙が許せないです。知り合った当初から喫煙していたのですが
5年ほど前だったか息子の喘息が悪化し、それでもやめてくれなくて
従姉妹の旦那さんに説得されやめていたと思っていたのに。
情けないというか。仕事でのイライラもあるのでしょうが
何とも言えない気分です。どう自分を納得させたらよいものかと思いまして...」


息子さんの喘息を止めるために、喫煙を辞めるように約束をしていた旦那さんが、

家にいるときに喫煙をしていたのを見てしまって、憤りを感じたそうです。


しかし、旦那様は弁が立つ方で、これまでもどんなにこちらから

言っても言いくるめられてしまうことが多く、話し合いがうまく

いったことがないようでした。

とにかく、自分のイライラを終息したいのと納得をしたいということで

セッションで話し合っていきました。



これは、自分をどう納得させるか?という感情のコントローりよりも

どう話し合いをするか?の方を考えたほうが根本的解決です。




私の質問から始まりました。


「息子さんの喘息に影響があることが嫌なんですよね。
ということは、全面的に禁煙ではなくて、家で吸わないことを
約束してもらうことができればいいんですか?」


「はい、そうですね。でも、約束を破られたことが
何とも言えず気分が悪いですね」


「家で吸わないことをちゃんと約束してもらえるため、
ちゃんとルールを決める話し合いはちゃんとしましたか?」


「話したんですけど、何を言っても旦那に言いくるめられるのが
分かっているので、ちゃんと話していないかもしれないです」


「なるほど、じゃあ、まずは冷静に話し合いができるようになる、
話し合い方を教えますよ」


ということで、現状を確認すると、

約束を破ったのは旦那

でも、何か言ってもいつも言いくるめられて終了。


ということで、奥様も旦那様も 対等になる話し合いの仕方を考えてみましょう。




まず、旦那様に言ってあげる言葉は、共感する言葉です。


「いきなり禁煙と言っても難しいよね。
だから吸ってしまう気持ちもとてもわかるわ」


「ごめんね、ちゃんとルール決めていなかった私も悪かった」


これで、もう旦那様は話し合いをしようという気持ちになります。

ちょっとマリア様目線(笑)に女性は立ってみましょう。


上から目線とはちょっと違いますよ。

しかし、Kさんは、いつも旦那様の弁論に負けていたので、

「上から目線でいってください!」とエールを送りました。笑



その後、どうなったかな?と報告を待っていました。

昨日、メールをいただきました。


.....................................

旦那の喫煙事件は堀口さんのアドバイスの通り上から言ってやりました。
はじめはムッとされましたが、私の様子がいつもと違うのか
しだいに落ち着いて話ができました。
あんなにムカムカとムカついていたのが嘘のようにあっけなく話し合いは終了。
冷静になって当たり前のことを言っただけなのに。
相手を受け入れるってことがこれほど重要とは思いませんでした。
すべてがそういうものなのかもしれませんね。

.....................................

題名に「勝つには?」と書きましたが、

結局は、イーブンな感じの話し合いということです。



これで、また夫婦の幸せを取り戻しました。

めでたしです。 笑


 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

相手を受け入れるってどういうことですか?