旦那様が経営されている会社で手伝っている主婦の方のセッション。

テーマ 「中学生息子さん・・・子育てをどこまでどうするのか?」です。


お話聞いてみました。

00110732



「息子の期末試験があって、色々と忙しい毎日でした。
 中1の息子なんで、初めての期末試験だったんですけど
 勉強しないで疲れて寝ちゃっているし、どうかかわっていいのか?
 悩むんですよね」


「中学生ですね。先日、姉弟妹と、3人持つ主婦の方のコーチングで、
 とてもいい話だなぁって思ったことあったんですよ。
 一番上のお姉さんは、吹奏楽部に入っていてとても青春している。
 2番目の息子は、自分にあきらめやすいところがあって勉強もそんなにしない。
 だけど85点くらいはいつもとるらしいのですが、
もっとやればもっと取れるよね。と言っても、それ以上やらないそうなのです」


「85点とれていればすごいですよね 笑」


「そうなんですよね。笑 その方の息子さんは、囲碁クラブに入っているそうで
 文化部が二つしかなくてそちらに入ったらしいのですが、
 囲碁クラブのお母さんとの集まりが最近あって、文化部だけど
 熱いお母さんたちが沢山いて、いい印象を持ったみたいなんですよ。
 で、自分も囲碁を始めてみようかなぁって、10日前から囲碁を勉強
 し始めたそうですよ!すごい難しくて、次の手しかまだ読めない(苦笑)と
 言っていましたが、息子さんのやっていることを一緒に始めたことで
 息子理解ということに関して達成感を感じられたと言っていました。
 その方自体、右脳を鍛えるってことにもなって、自分にとってもいいかもと
 言っていましたよ。ほんとにいい話で、聞いていて嬉しくなっちゃいましたよ」


「あぁ、腑に落ちました。そうですよね、イメージが湧いてきます。
 本来、共感したり、一緒に何かをする喜びを分かち合いたいタイプなんです私。
 やっていることを一緒にやるとそれだけで応援になりますね。
 私、そう言えば、鉄道ママ、『ママ鉄』の話を以前聞いたことがあって
 今の囲碁の話と同じようなことなんでしょうが、なんか入っていかなかった
 んですよね。あれ?何ででしょう?(笑)」


「鉄道に興味がなくて共感できなかったとか?」


「ん・・・そうなのかな?なんなんでしょうね、この感覚の違いは?
 鉄道は楽しめない。と思ってしまったからですね」


「あははは、そこでその先考えられなくなっちゃったんだ 笑」


「あははは、面白いですね、情報を受け取れないときもあるなんて。
 こんな風に自分がなんでそう考えたのか?って考えることは
 とても面白いですね!」



 今日のノート

P1090014



解決のヒント

子供の興味ありそうなことを一緒にやる!


 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

周りの人にどんな応援できますか?