90日コーチング2回目のセッション。

店長代理の女性です。

店長は兼任でほかのお店に行くことが多いので

ほとんどMさんが、TOPの位置で店舗運営をしています。


1回目のセッションでは、接客のクオリティーを上げるということで取り組みました。

というのも、店長は接客の回数が少ないから、総売上的にちょっとふりで

売れてないように見えると気まずかったり・・・。

そのストレスから解放されるための話をしました。


私は、売上よりも、セット率に意識を向けるように視点を示しました。

他人と順位を比べる必要もなく、自分の中での戦いになるからです。


その結果、1.5→2.3までアップしたそうです!

店長は、客単価がダントツとかが、カッコイイですね。


今日は、テーマ3つ話し合いました。

ー分のなりたい店長像にどうなっていくか?

▲好織奪佞涼跳詢呂鮃發瓩襪海箸砲弔い董

8楜劵察璽覿貔錣里△箸離察璽訐鑪について。



ブログでは、について書きます。

お話聞いてみました。


00216011



「顧客セールは、ちょっとこけてしまいましたね・・・
 今シーズンは、売れ筋がないって、スタッフたちも言っています」



「ん?スタッフたちは、洋服買ってます?」



「スタッフたちは、むしろ去年より買っていますね」



「なんだぁ、じゃあ売れますよ。スタッフが好むということは個性的なんですね・・・
 なんで売れないと思ってます?」



「万人受けのものが少ないので・・・うちの店横浜なんですよ」



「売れないって思い込んでいるから、売れないようにしてる。
 あの、私がアパレルの時にね、社長に『何があったら売れる?』って
 みんな聞かれて、その時ワークPTが超売れていたから
 『ワークPT』って答えたの、みんなして。そしたら社長に怒られた。
 『それだからいけないんだ!われわれは、ワークPTに飽きた人が
 次、着たいものを作っていかないといけないんだよ』ってね。
 『あ、そっかぁ!』って初めて流行の先を行く意味を知ったんですよ」




「あああああ、万人受けならば、『ユニクロ』に任せればいいですね」



「個性的な服を万人受けにして、飾っていたりしない?」



「しています・・・」



「それだと、おしゃれな人から見たら、無難に見えるし、
 無難がいい人から見たら、無難に見えないし・・・中途半端になるんです」




「なるほどぉ!『何に飽きていて、次に何を着たいか?』が大事なんですね。
『今、何が着たいのか?』で考えていました。全然違う視点でした!」



「そうそう。私もその話聞いたとき、ほんとびっくりしたんだから!
 でも、とても影響を受けて、今の自分のやり方も、
 先へ先へ考えるようになっていますよ。
 横浜だったら、横浜ラックを一応奥につくったらいいですね」



「あ、そっか・・・・店のほとんどが、万人受けラックでした・・・」



「ってことは、顧客様セール奥で接客?」



「はい・・・爆 逆でしたね!だから売れなかったのかも・・・」



「自分のところの良さを自信を持って打ちだすことがいいですね!
 なんだか、人間と同じですね。そのほうが魅力的に見えますよ」



「なんか、すごいワクワクして、スタッフにも早く伝えたいです!
 すごく売れそうな気がしてきました!!!」


 そんな、ハイテンションのまま電話を切った。

 終了午前0時だけど、Mさんちゃんと眠れるかな? 笑

 セールでのご活躍祈っています!




 今日のノート

P1080834




 解決のヒント

『何に飽きていて、次に何が着たいか?』が流行を作る人が考えていること。


 今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

今、何に飽きていて、次、何をしたいですか?


■◇■ SEMINAR INFOMATION ■◇■ 

堀口ひとみライブセッション開催いたします! 7/24 東京 8/7 大阪

話すことで気づきが生まれたり、クリエイティブな発想が生まれてくる
コーチングという対話を生でご覧いただけます!何が飛び出すかわからない!
ハプニングも予想されます!人がどんどん本音を話してしまう!アイデアが生まれる!
堀口ひとみの聞き方を是非見学いいらしてください。

ご案内へ