土井英司さん主催のセミナーへ行ってきました。


今年のベストセラー作家のお二人ゲストの

パネルディスカッションがメインイベントでした。

P1070364

新宿の会場のエレベーターホールのお花ディスプレー。




★ゲストのお二人の著書★

ヘッテルとフエーテル
マネー・ヘッタ・チャン (著)




もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海 (著)




ヘッテルとフエーテルは、

笑いながらお金の注意事項が学べます。

逆の意味で、笑えないかもしれないですね・・・


また、ヤンデレラ、カネヘルン・ミセス・インディなど

ネーミングセンスがすばらしくて、

登場人物の名前が、風刺してあるのですが、

実在と分かってしまうところがシュールでたまりません。


どうやってそのネーミングを見つけたのかと言うと、

携帯電話の文字変換で予測される文字から着想したのだそう・・



『もしドラ』の岩崎さんのお話、とてもよかったです。

秋元康さんに師事されていただけあって、

多くの方に支持される物の作り方の話は、かなり共感しました。

「自我を消して消して消すこと・・これしかないです」

と言い切られていたところが、気持ちよかったですね。


夏海さんとおっしゃるので、男性だろうか?女性だろうか?と

一瞬考えてしまいそうですが、男性です。


サインを頂きました!

P1070367



本当に沢山の目の付けどころを知れて大変お得でした。

今後の自分の発信においても大きな影響を与える内容でした。


とくに、パネルディスカッションでの土井英司さんの質問が素晴らしく、

また、質問された側は、おそらく答えることが難しいとされる

深い質問だったのですが、お二人はさすがによく考えていらっしゃる方で

なるほど!と深く頷いてしまう返答で、著者のお二人も素晴らしいと感じました。


やはり、セミナーのいいところというのは、

自分にないものの見方を知ることにあると思うんですよね。

何を学ぶかよりも、自分が今後学んで、

それをアウトプットしていくために必要な

新しい視点を知ることが大事なのではないかと思うし

それは、人生をより楽しくできるものだとおもうのです。

だから、興味ある人の講演やセミナーは、行ったほうがいいですね。



今日は、クライアントさんと一緒に行ったので、

セミナーの後は、お茶とゴハンでまとめトーク。

そして、私の今後について一緒に考えてもらっちゃいました。

色々な視点が搭載された後は、考えも深くなりますね。

なんか、力が湧いてきたぞ。


今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

最近の世の中をどう捉えていますか?