名古屋です。

対面コーチングが2件でした。

90分あるので、ずいぶんと色々な話ができます。

おひとり様セミナー状態に近いものがあります。


お一人は、お子様も高校生の主婦の方で、

本当にいろいろとされている方だったのですが、

自信がもてないというか、

人からの評価みたいなのも気になって・・・という話をしていました。


最終的にたどり着いたのが、

自分のことを「いいね」と言ってくれる人を選んでいる。

というのが、実は、自信のなさにつながっていきました。

それでは、ただのYESマンで考えてくれていないことだと思うのです。



私の話なのですが

「・・・がダメですね」と言われることのほうが、

結果的に、大きな自信がついていった経緯があります。



自分は、何か意見をしてくれる人を求めました。

自分の悪いことを言ってくれる人を選びます。

そう思えるようになったのは、プロ意識を持とうと決めた時からでした。

そして、最高のネガティブフィードバックをくれたのが、妹でした。

いや、むしろ私の独りよがりの視点から解放してくれて

可能性を広げてくれたと感じています。



実は、自分を成長させてくれるのは、家族かも知れません。

たとえば、私が創ったものを妹に見せると

「悪いところ探すね」と、メールしてくれます。

ということは、彼女はとても考えてくれる人なのです。

その、ありがたさに気づくのに、30年かかりましたが 爆

それ以前は、ネガティブの塊と思っていたのです・・・

短所と思っていたのが、実は「強み」だったのですね。

多分、コーチという仕事をしたから気づけたと思います。



そんな話を、クライアントさんにしていたら、

何か言われることを恐れて、「いいね」というひとのところしか

行っていなかった、と気付かれていました。

そして、「娘かな・・・」と、やっぱり、身近にいましたね。



セッションが終わるころには、クライアントさんの顔が

しまったように見えました。

そして、確かな未来を見据えている目になっていました。


私も身が引き締まる思いでした。


今日はこちらの質問はいかがでしょうか?


あなたは、何のプロですか?