「わーーーーー!これが、コーチングか!」

気付きそうでいて、気付かなかったことに

ご自身で話しながら気付き、自分でびっくりされていました。

今日、初めて対面コーチングの男性の方です。

その方に限らず、コーチングの感想として 

『不思議』とよく言われます。



わたしは、ほとんど質問していなかったとおもいます。

いろいろな角度で投げかけながら

だんだんと気付かれていました。

わたしが黙っているだけで、相手の方は話をしてこられます。


コーチングではアドバイスしません。

アドバイスめいた感じに相手が思って

「それをしたほうがいいってことなんですか?」と

聞き返されたら

「いや、そういう角度もあるのかな?って」

ちょっとグレーな感じで答えます。笑


すると、考えを引き出すため視点だけお渡しする感じに

受け止めることができ、

単に新しい視点から物事考えるきっかけを生み出します。

そこから、またいろいろとお話が始まりました。


来月もお願いしたい。ということで

またいらっしゃることになりました。


自己啓発とかポジティブすぎるイメージで

苦手だったようなのですが・・・

それと違ったものであると感じられたようです。

普段、話すのは苦手とおっしゃっていました。



感想で、全く威圧感がない。とよく言われます。

相手を元気づけよう、気付いてもらおうと思っておらず

自分が話し相手として話やすければいいなぁと思っています。


「へぇ、あ、そうですか」(低くもなく高くもないトーンで)が多いです。

そうすると、人は本当の話をするのですね。


今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

目をそらせているものはありますか?