4カ月くらい前でしょうか。

クライアントさんも4回目のコーチングくらいだったので

そろそろネガティブな言葉を使いすぎていることを

フィードバックしようと思って、「でも」って多いですね。

とメールしたんです。


そうしたら、承認してほしかったです。

とメールをいただいて、コーチングは

4回目で終わりにすることにしました。


ん?と考えて

ここで「あ、この人はまだコーチングが受けられるココロの強さまで

達成ていないのか、アンコーチャブルナ人だ」で

片づけてしまえばそれまでですが、

私はここで1カ月くらい考え続けました。


たまたま、セラピストのクライアントさんがいらっしゃったので

彼女にその話をしたら、ヒントをいただき、その後私のコーチングは

ネガティブフィードバックを一切しないものになりました。


いいわけ言っていても、

「いいわけですね」とフィードバックせずにそこはスルー。

ききわけBOXのいいわけBOXにしまっておきます。

そして話を聞き続けます。


認めるところはしっかりと認めていきます。

光を当てるところにより光を当てます。


なんか、このほうがうまくいくのです。

だから、今のクライアントさんたちは

最初、泣くほどのネガティブではいってきても

3回目くらいには、自分らしさがいい感じで出てくるのです。

行動力がすごいことになっていくのです。


これはすごい。

本質的なことがだんだんわかってきたような気がしています。


今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

あなたらしさってどんなところですか?