日曜日の夜は待ってましたのNHKスペシャル。

1


ONの時代 PART2の日でしたが、

夜はお台場でご飯を食べていて

それが21時に食べ終わったため、

そのまま携帯ワンセグをみながら

家に帰ってきました。


ワンセグの小さな画面に対して、

ゆりかもめの中で、頷きながらみていました。


家に帰って残り15分に間に合いました。

(と言ってもまたまた小さい
16インチハイビジョンです 笑)



号泣しました。



王さんと長嶋さんの監督になってからの試練。

が今回の主なテーマです。


お二人とも日本一とれなくて、1回辞めているのです。

そして、10年くらいして又監督を復活。


監督になっても苦悩の時代があって

そして、自分の考え方一回リセットして

また復活する。



王さんの、今までの自分のやり方を

180度変えていったところにすごく共感しました。


特に、王さんのノートの部分です。

本当に180度違う。


ある日からノートを取り始めるのですが、

最初は、選手一人一人に対しての、苛立ちの言葉、短所を書く方法です。

それでは、優勝できず・・・・・


のちに、自分を変えていこうと、

今度は、選手のいいところを書くノートにし始めたのです。


「監督の仕事は、選手に気づかすことだ。」と。

ココが長所だから、もっと伸ばせるよね。と。

今は、王さんそう語っていらっしゃったのが印象的でした。


そして優勝へ・・・・

2000年には、監督としてのON対決です。

あの頃の心境も今、二人が語っています。



そして、さらに感動したのが、今の長嶋さんの生き様です。

選手のときは、絶対に見せなかった毎日の努力。

現在は、毎日リハビリをしている長嶋さんは、

その様子を公開することにしたそうなのですが、

それをみんなに見てほしいと思っていると語っていました。

超泣けてきました。


今でも、背番号3を背負っているのです・・・・・・・・・


二人の50年分の人生を2時間でまとめているので、

すごい迫力です。


自分の人生に置き換えてみると、

まだまだ、超えるべき素晴らしいものが

これからも通り過ぎていくのだろうと想像ができ、

いや創造していくものだと、不思議な感覚になりました。



ワンセグで画面が小さすぎたので、

再放送また見たいと思います。


★再放送ご案内 

。錬里了代 第1回 スーパーヒーロー 50年目の告白
2009年10月12日(月) 午後3時30分〜4時28分 総合

■錬里了代 第2回 スーパーヒーロー 終わりなき闘い
2009年10月12日(月) 午後4時30分〜5時28分 総合