先日、1年以上の女性のクライアントさんのコーチングの時に

選手交代で、今日は彼をコーチングしてほしいと頼まれました。

私的には、全然OKです。


スカイプだったので、その彼女は彼がコーチと話しているところを

オブザーバーとして聞いている状態でした。


テーマは、”自分のピアノのオリジナルCDをつくって

販売していきたいのですが、どんな肩書きをつけようか、

名前をつけようか・・・ということ。



昨日、その時のコーチングのオブザーブをして感じたことを

その彼女がフィードバックしてくださいました。


コーチの質問は・・・・・ですね。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

仝浚兇鮖箸Α(ビジュアル化する)

∋間軸を移動していた。

その先の質問をしていた。(ゴールの先を見せる)


商品を作ったりするときのコーチングは

それを手に持っている人がどんなことを感じているか?

というところを妄想していきます。


それが、出来上がった前提で話を進めるので

かなり、五感に響く質問が多くなったりします。


コーチングって、妄想ですね。


今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

人が聞いていて、ワクワクしちゃうようなお話最近していますか?