昨日、コーチングを勉強されている方のコーチングだったのですが、

「フィードバック力を高めたい。」ということをおっしゃっていました。


その方に、「フィードバックってどんなイメージを持っていますか?」と

聞いてみました。


そしたら、


「相手の強みを、別の言葉などで言い換えて(メタファー)
 
 気づきを与える。」


「言った言葉をそのまま返す。」



そんなイメージをお持ちでした。



それもそうなのですが、ここで、フィードバックについて、

コーチングの経験を通してわかった、私が、フィードバックとは?

と問われたとしたら、次のように説明します。



「事実を客観的に伝える。」



きっと、コーチ21のクラスでも、そういう説明を受けるのですが、

なかなか、そういう風が、よくわからなくて、

実体験を通して、ようやく腑に落ちた私です。



たとえば、よく例に出すのですが、

「8時の待ち合わせなのに、30分も遅れてきた人に、

 なんと言ったら、次は、ちゃんと遅れないようにしようと思うのか?」



_燭巴戮譴討たんだ!!!と怒る。

△匹Δいιにしたら、遅れなくなりますか?と質問する。

今、8時30分ですね。 と言う。






フィードバックならば、です。


事実を事実として伝える。です。




これが、実は一番相手が、直そうとするのです。



たとえば、自分の姿を映像としてみる。


すると、自分の姿勢、口癖が、すごくいやに思えた。


そうすると、人は自分から直そうとします。



これ、ホントいやな作業なのですが、

人は、気づいても、悪いな。と思ってなかなか言ってくれないので、

自分で自分を客観的に見て、なりたい自分になるように

していくことが、一番素直に、自分を改造していけます。


私は、人から言われると、案外傷つきやすい自分だったりするので、

そうすることに決めたことがあります。


そうしたら、楽ちんになって、なりたい自分へ向けて、

素直に進めるようになりました。


自分の客観視。


とても役立ちます。


今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

10メーター先から歩いてくる自分を

想像してみてください。

どういう風に歩いていますか?