昨日は、コンサルティングを受けていましたが、

「ビジネスとか関係なしに、一番自分が助けたい人はどういうひと?」

という問いをされて、答えたのが、

「ちょっと視点を変えれば、明るくなるのに、
ウロウロとしている人たち。」

と即答しました。


こんなに、面白いことばかりなのに、それが見えていない人、

もったいないなぁ。といつもおもってしまうんです。

視点を変えれば、おもしろくなるのに・・・


そこで、急に弟の話を思い出しました。

彼は、中学の頃、生徒会長をしていたのですが、

(私が3年生のとき、タスキかけて選挙運動に入ってきたのも覚えています。)

で、彼が、生徒会をやっていたときに、学校全体がすごくまとまって

先生たちに感謝されていたみたいなのですが、

母に聞いたところ、彼はいつも、みんなに笑いを期待されていた。

らしいのです。


集会などで、ステージの上で話をするときに、

わざと、いつも階段でこけたり、マイクの前でもこけたり

ウケを狙っていたらしいのです。(爆)


急に朝、起きた瞬間にそのことを思い出したのでブログに書きました。


そんな日々のちょっとした、笑いで、学校中が、よくなっていったんです。


日々のちょっとした。というところ、大事だと思います。

映画の「アメリ」みたいに、

ちょっと周りの人に、ハッピーを届けることをするだけで

こんなに、楽しくなるんですね。


私もそういう価値観があるので、目の前の人に、何かできないかな?

っていつもそれだけです。


今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

あなたの今日を、ちょっと楽しくするために、できることないですか?