昨日の、H先生のお話ですが、これまでの20年以上の経験が

蓄積されているので、このブログだけでは、話をすませることが

出来ないので、H先生の講演をDVDにしてほしい!

と、H先生に提案しました。

これは、学校の先生だけでなく、管理職、社長、経営者に

通じるお話だと、思いました!私も楽しみにしているのです。



H先生とのコーチングは、5回ほどしましたが、

このブログに、やりとりを実はアップしていますよ。


■2回目のコーチング H先生が変わった瞬間とは?

学校で働いていながら、100%力を出し切っていない自分に気づく。


■3回目のコーチング校長先生に意見を言ってしまったH先生

校長先生に意見を言ってしまったH先生

校長先生の話がつまらないので、意見をした。

■4回目のコーチングH先生、修学旅行で東京にきたついでに対面コーチング

自分らしさをさらに発揮していくために、ネットを使って、
今後、どのような発信をしていける可能性があるのか?を知る。


■5回目のコーチングエッセイ書きます!というところまで、進化してしまったH先生。




しかし・・・・

【H先生が、コーチングを申し込んできた理由は・・・・】

コーチングの資格を取るためにコーチをつけなくてはいけないというのと、

旦那さまが、美容室を経営しているので、

旦那さまのコーチングもできるようになりたい。



ここだったのです・・・!



しかし、コーチとして、H先生の強みをどんどん発掘していきました。

そうしたら、コーチの資格を取るために。

という目標がぶっ飛んでしまいました。(笑)


そして、H先生のパーソナルブランディングへの

コーチングにどんどん発展をしていったのです。

結局、全員そこなんですけどね。


今、私のクライアントさんの半分は、40代です。

いろいろな人生経験があるので、そこを掘り下げていった方が、

実は、やること見つかります。

そして、見つけたら、もっと、もっと、もっと磨きあげるのです。


ここで、何か新しいことを!と考えている人は、

同じ問題を過去に繰り返しているはずです。


1自分の強みが見つからない手前で、

諦めて辞めてしまったりとか。

コップの水も8割だったら、

こぼれませんよね。

日々の120%の創意工夫で、

あなたという魅力が入った水が溢れ出すのです。


だから、あえて、新しいことはやらないことです。

創意工夫が足りていない人の方が、殆どです。

それを知らない人が多いのは、勿体ないですね。



私も創意工夫、進化、成長していない自分に気づいたのは、

アパレル入って2年目、渋谷店に異動したときでした。(超挫折感)



きっと、野球でも監督が変わった瞬間に優勝してしまったりするのは、

同じ人材でも、人材の活かし方ができる監督だから

優勝するんでしょうね。きっと、80%の力しか出していない選手たちを

100%以上の力を発揮できるように引き出したんですね。


自分でも自分のこと引き出せばいいけど、なかなか自分のことが

分からないですね。

でも、コーチ、メンターがついたらわかります。

監督みたいです。



そして、いつでも自分次第。

人を変えようと思わなくていいんだから、簡単ですね。


H先生とのコーチングの模様は、またアップしたいと思います!


今日はこちらの質問はいかがでしょうか?

あなたの今日を120%創意工夫で過ごすとしたら、

どんなことにチャレンジしてみたいですか?