90日コーチングを受けられていた方の最終日がありました。


私が、びっくりしたことがあります。



それは、今までは、仕事で、とってもお疲れになっていて、



電話の第1声で、あれ?お疲れかな?って思うときが、


ありましたが、いつものパターンで言ったら、


コーチング終了すると、悩みが吹っ切れて、すっきり快晴の空


みたいなかんじでした。




しかし、今日は、最初から、声が明るかったのです!



「わ、●●さん、今日は最初から声がいいかんじですよ!」



「そうなんです。何が起きても、大丈夫になったんです。」



私は、3ヶ月前の●●さんを思い出しました。



仕事を一生懸命に頑張っています。っていうのが、口癖でした。



頑張る。


これは、実はとってもつらい言葉なんです。



でも、自分で頑張っています。



っていう方は、本当に頑張っているので、



私は、いつもコーチングで、その部分にクローズアップして、



「●●さん、いつも仕事を一生懸命にされていますね。」



と毎回、承認し続けたのです。



と言うのは、いつもマジメに仕事をしているのに、


いろいろなことが仕事で起こっては、


周りに翻弄されてしまって、責任転嫁が自分に来てしまって、


それを一生懸命に処理して、いつも疲れすぎてしまうという癖が


あったからです。



責任感が強く、誰かのミスも、きちんと処理するところまで、


仕事をされている方でした。



本当にすばらしいんです。



でも、誰かが、ミスをしたときに、それぞれが自分のミスを


責任転嫁することに、怒ってしまって、疲れていったのです。



私は、そういうのって、もったいないなーって思うんです。



怒りの原因が、他人のことで、腹を立てる。



そういうのって、疲れると思いませんか?



大体、そういうことで、イライラしているひとばかり。



だから、●●さんには、



「●●さんは、他の方の失敗もきちんと、出来る範囲で処理も


されていますし、本当によく、やられていますね。」


とまた、承認をしました。



腹を立てると、自分が、自分の中での最高のパフォーマンスで


仕事ができた自分を認めるのを忘れてしまうのです。



それだけ、マイナスパワーは、大きいのです。



腹を立てるだけ、無駄な行動だと思うのです。



腹を立てている自分がいたら、


「何に、腹を立てているんだろう?」


と自問自答してみてください。



そのときに、人のことで、腹を立てているとしたら、


まったく、自分ではどうにも出来ないことに気付くでしょう。


そうすると、腹を立てること自体が、ばかばかしく思えてきます。




私もそうでした。



立ち止まって、考えてみたら、


他人のことで、腹を立てていることに気付いたのです。


気付いたので、そういうの、やめました。



イライラは、すごい毒が体中を走るようですよ。



イライラする必要なんてない。



体に、自分で毒を撒き散らす必要なんてないんです。




いつも、自分の中の最良で物事をしていれば、


それでいいじゃないですか!


がんばる必要なんてない。



最良ができた!と完了することだと思います。



●●さん、これからも、いいこと、起こりますよ!



【今日の毎日がメッセージ


「すいません。」という言葉をすべて「ありがとう」に変えてみよう。